企業情報

化粧品OEM サティス製薬ホーム > 企業情報 > プレスリリース > プレスリリース詳細

プレスリリース

株式会社ペプタイドドアとの美白ペプチドに関する共同研究の開始

平成20年12月01日
株式会社サティス製薬

株式会社サティス製薬では、株式会社ペプタイドドアと共同で美白ペプチドの化粧品分野への実用化に向けた共同開発、化粧品原料としての実用化についての有効試験を開始しました。

株式会社サティス製薬(埼玉県吉川市・代表取締役山崎智士)は株式会社ペプタイドドア(群馬県高崎市・代表取締役鈴木政嗣)と共同で、美白ペプチドの化粧品分野への実用化に向けた共同開発を開始しました。

ペプチドとはタンパク質を構成する最小単位であるアミノ酸が2~10個程度結合してできる化合物です。アミノ酸が2~10個結合したものをオリゴペプチド、10個以上結合したものをポリペプチドと呼び化粧品原料として幅広く使用されてきました。

この度共同開発に使用したペプチドは、ある種の野菜に含まれるペプチドに美白効果があることを確認し、実用化に向けた有効性試験を開始しました。従来の美白剤より安全性に優れ、化粧品原料としての有効性が期待されます。

このページのトップへ戻る