• 本社・工場
    〒342-0015 埼玉県吉川市中井57-1
    TEL 048-984-6433 / FAX 048-984-6430
  • 研究所
    〒135-0047 東京都江東区富岡2-11-6
    長谷萬ビル3階
    TEL 03-5646-2434 / FAX 03-5646-2435
お問い合わせ

サティス製薬のOEM製造について

化粧品OEM サティス製薬ホーム > 化粧品OEM・化粧品製造 > 機械練り石鹸タイプE

製品情報

機械練り石鹸 タイプE

石鹸は、今から5000年前に偶然発見されてから、基本的に使用されているものは『油脂とアルカリ』で古代から少しも変わってはいません。その石鹸が、今日では生活に欠かすことのできないものとなり、様々な種類の石鹸が出回るようになりました。そこで、今回一般的な石鹸と弊社の石鹸(以下「タイプA」と記す)の違いについて紹介します。

1.低刺激
起泡性

石鹸や界面活性剤など、すべての洗浄剤は皮膚にとって何らかの負担となります。その負担を軽減するために、少量の洗浄剤で泡を発生させることで使用量を制限することを考えました。いくら低刺激だとうたっていても、起泡性が悪いと過剰な洗浄剤を使用せざるを得なくなってしまいます。これでは、せっかくの低刺激でも意味はないのです。

過脂肪である

石鹸は“酸(脂肪酸)”と“アルカリ”の中和物であり、脂肪酸塩の状態を示しています。この脂肪酸塩は、その他の合成された界面活性剤に比べ、構造上不安定な要素を多く含みます。この不安定な石鹸を多少なりと安定化傾向に操作する場合、一般的には『アルカリ過剰』とし、アルカリの量が多めに設定されます。

しかし、アルカリ過剰により遊離アルカリが発生し、自らが安定になるために様々なものに結合しようと活性酸素のような攻撃性を持ちます。よって、タンパク質が遊離アルカリの結合対象となり、結合を受けたタンパク質は炎症を起こします。

それに対して、タイプEはベースとなる脂肪酸より少ないアルカリを配合し、全てのアルカリを中和させるため『脂肪酸過剰』となります。よって、洗顔による皮膚のpH上昇を緩衝し、かつ皮膚に保湿をもたらす結果となります。

吹出物(ニキビ)ができにくい

石鹸は腐ることはありませんが、一番の変化は酸化することです。石鹸はベースに動植物油脂を分解した脂肪酸を用いているため、油脂同様に酸化します。一般的な石鹸も数ヶ月放置されると褐変してしまいます。それが、タイプEのような酸化しやすい脂肪酸が遊離しているとなおさら酸化は促進します。それを解消するために、タイプEでは前処理として油脂を脂肪酸にすべて分解し、改めて石鹸に必要な脂肪酸のみを単体で使用し製造することで、不飽和脂肪酸を完全に排除することを可能としました。その結果、脂肪酸過剰でも酸化されない石鹸を得ることができました。

また、不飽和脂肪酸は酸化されやすい構造から、不飽和脂肪酸⇒酸化型不飽和脂肪酸と容易に変化し、皮膚中の脂質を連鎖的に酸化させてしまいます。不飽和脂肪酸として代表的なオレイン酸はその連鎖酸化等の影響で『ニキビを誘発させるまたは悪化させる因子』として知られています。よって、タイプEにはオレイン酸が含まれていないことから、吹出物ができにくいと考えられます。

2.高起泡性
起泡性試験

この試験では、それぞれの石鹸の2%溶液を15g秤量し、メスシリンダーで10回縦に振りその後の経過を調べました。

タイプEは一般の石鹸に比べて、25mmも多い気泡量であることがわかり、6分経過しても気泡量の差が減少しませんでした。この気泡力により極少量の洗浄剤で、消費者に『もう十分』と感じる泡を即座に発生させることが出来ます。

泡質試験

この試験では、それぞれの石鹸を同じ条件でスポンジに含ませ、泡立てました。その後、泡に硬貨を乗せ、泡質を調べました。

他社の石鹸の泡は硬貨の重さで沈みますが、タイプEは硬貨が泡の上に浮いています。これよりタイプEの泡質がきめ細かく、ある程度の硬さがあることがわかります。

評価試験・受託試験のお問い合わせ

このページのトップへ戻る