• 本社・工場
    〒342-0015 埼玉県吉川市中井57-1
    TEL 048-984-6433 / FAX 048-984-6430
  • 研究所
    〒135-0047 東京都江東区富岡2-11-6
    長谷萬ビル3階
    TEL 03-5646-2434 / FAX 03-5646-2435
お問い合わせ

化粧品OEM サティス製薬ホーム

化粧品OEM サティス製薬ホーム > よくある質問

サティス製薬へよくある質問

サティス製薬が化粧品製造のいろんな「作れませんか?」にお応えします

石鹸も様々ありますが、「枠練り石けん」「機械練り石けん」「液体石けん」まで各種受託製造承ります。付加価値の高いアルコールフリーの透明石鹸も小ロットで製造可能です。サティス製薬は透明石鹸のいろんな「作れませんか?」にお応えします。

全般

資材について

試作について

石鹸について

全般

製造できる製品を教えてください。

スキンケア・基礎化粧品、日焼け止め・ケア、ヘアケア、石鹸になります。 その他にユニークな化粧品から医薬部外品まで、お客様のご要望に合わせて幅広くOEM製造しております。詳しくはこちら

納期について教えてください。

処方・製法・数量(ロット)により異なって参りますが、初回受注分を除き、1ヶ月以内でのご納品が可能です。お急ぎの場合などは、予定を調整し、最短納期で対応する柔軟性も持っております。

品質保証期間はどのくらいですか?

処方や包装形態により異なりますが、お客様から期間のご指定がない場合は、薬事法の定めに基づき3年間を想定して処方設計を行います。

自社原料の持ち込みは可能ですか?

規格および安全性の確認され、それらを証明する書類のある原料でしたら可能です。ただし、極端に不安定な原料、例えば変色を起こしやすいものやロットぶれの激しいものなどですと、安定した製品のお届けが困難になる場合がございます。

商品化までの流れについて教えてください。

商品化までの流れにつきましては、こちらをご覧下さい。 >> 製造工程

はじめての化粧品ビジネスで不安なことだらけなんだけど……。

当社のお客様にも初めて化粧品ビジネスに参入される方が多くいらっしゃいます。技術面、仕様面についても丁寧にアドバイスさせていただきしっかりとサポートいたします。化粧品の商品開発は、コンセプトの立案から処方提案、製造、商品梱包、出荷まで1ストップで行えますので、安心して当社にお任せください。

化粧品の薬事法について、相談しながら進められますか?

化粧品の容器や版下に関しては、記載事項や表現について、お客様とご相談しながら、作り上げていく形式を取っております。また、製品リーフレット等の薬事表現に関しても、相談しながら進めることが可能です。

資材について

容器や化粧箱などの資材は自分たちで見つけなければならないのですか?

弊社にて、内容に合った容器・化粧函などの材質や形状について、検索及びご提案、ご紹介をさせていただくことが可能です。お客様がご調達されるよりも、弊社で調達した方が安価であったり、製造のスケジュール管理が容易であったりと言ったメリットはあるかと思います。もちろん、お客様の容器・化粧函持ち込みによる製造受託も可能です。

資材は自分たちで用意しなければならないのですか?

版下をご支給いただければ、弊社にてご用意させていただくことが可能です。特に化粧函につきましては、弊社組立装置との相性の関係から、弊社にて調達させていただけますと、より効率的な作業が可能となります。資材をご支給いただく場合には、事前に弊社薬事担当者による薬事法に関わる確認をさせていただきます。事前確認がなされずに搬入された資材につきましては、場合によっては荷受が出来ないことがございます。

デザインはどうしたらよいですか?

弊社ではデザインを作成出来ませんが、ご要望がありましたら、弊社が契約しているデザイナーに外部委託して作成する事は可能です。個性あるデザイナー複数名と契約をしておりますので、お客様のイメージに則したデザイナーにデザインを依頼する事が可能です。お客様からラフ案を頂き、それをデザイン化する作業や、最終の版下作成作業まで対応可能です。

版下とはどのようなものですか?

容器や化粧箱などの印刷工程の元となるもので、製造販売業者名や住所、販売名、全成分など薬事法第61条に基づく表示(責任表示)やその他デザインが施されたAdobe社のIllustrator(AIファイル)やAcrobat(PDFファイル)などで作成されたデザインファイルのことを指します。弊社にて容器や化粧箱のご提案をさせていただいた場合、それらの展開図をお送りいたしております。その展開図にデザインを貼り付けて頂ければ版下になりますので、とても楽に作業頂ける環境をご用意しております。
版下見本

試作について

試作は有料ですか?

処方確定までは無償にて行っております。ご納得頂けるまで、何十回と試作しても一切の費用はかかりません(一部、高額処方品を除く)。処方確定後の再試作につきましては、有償とさせていただく場合がございます。例えば、処方が確定した後、「販売前に代理店へサンプルを配布したいので50セット作成して下さい」と言ったご要望の場合などが当てはまります。

試作は何回まで可能ですか?

お客様にご納得いただけるまで、何度でも試作させて頂いております。しかし、弊社は必ず研究開発部スタッフが直接お客様の対応をさせて頂きますので、お客様のご要望に沿った試作品がご提示出来ると思います。結果として、2~3回の試作でご納得を頂けている現状です。

1回の試作量はどのくらいですか?

お客様よりご指示がない場合は、通常5名様分ほどを提出するようにしております。内容量については、2週間程度お試し頂ける量を想定してお渡ししております。

試作品ができるまでの期間を教えてください。

目安として2週間をお考え下さい。もちろん、試作内容によっては、2週間よりも早くお出しすることが可能です。また、特別お急ぎの場合など、期日をご指定頂ければそれに対応致します。

企画やコンセプトは立てたが、具体的な成分のアドバイスを受けたい。

弊社では、お客様との打ち合わせに開発担当も同行し、商品コンセプト・企画についてヒアリングを 行います。成分情報だけではなく、開発担当だからこそ理解できる微妙なニュアンスもヒアリングし、 試作品へと繋げていきます。  
また、初めてのお客様に対しても、技術面から仕様面まで幅広くアドバイスをさせて頂きます。例え ば、“美白をコンセプトとした化粧品を製造したいが、どんな成分があるのかわからない”というお客さまに対しては、内容成分の提案から始めさせて頂きます。成分に関する豊富な知識とアイデアにより、化粧品開発のお手伝いをさせて頂きますので、ご安心してお問い合わせください。

石鹸について

石けんの製法について教えてください。

弊社では機械練りと枠練りの2つの製法を行っております。

機械練りとはどのような製法ですか?

石けん素地とその他原料を、機械的な力での練りこみ・押し出し・型打ちする製法です。詳しい製法はこちらをご参照ください。  
>>製造工程-機械練り石けん

枠練りとはどのような製法ですか?

透明石けんを作る場合には、枠練り石けんをお勧めしています。石けん溶液を筒に流し、丸一日かけて冷却する製法です。石けん素地を使わず、脂肪酸を選択するところから始めます。詳しい製法はこちらをご参照ください。  
>> 製造工程-枠練り石けん

透明石鹸は乾燥工程に60~90日くらい費やすので、納期が3ヶ月以上かかると聞きました。もっと短い納期で作れませんか?

弊社の製法は、乾燥工程を必要としておりません。初回のみ、試作期間やお打ち合わせなどの時間を含め、3ヶ月程度のお時間を頂戴することがございます。リピート商品につきましては、1ヶ月以内でのご納品が可能となっております。

透明化剤としてエタノールを多量に配合していると聞きました。ノンアルコールの透明石鹸は作れませんか?

弊社では独自のエタノール無添加処方をご用意致しております。エタノールが配合されている事を嫌うユーザーへの対応と、エタノールに皮膚刺激を感じてしまう敏感肌への対応を可能とします。

どこの透明石鹸を使っても、同じ様な泡立ちと使用感に思えます。もっと他と違う感触の透明石鹸は作れませんか?

クリーム状の泡立ちや、洗い流し後の保湿を重視した処方を用意してあります。

石けんの型にはどのようなものがありますか?独自の刻印を入れることは可能ですか?

汎用の金型として、丸型をご用意いたしております。お客様独自の刻印(ロゴや文字など)を入れる場合、新たに金型を作成していただく必要がございます。刻印金型作成用の版下をご支給いただけましたら、弊社にてご用意させていただくことが可能です。 刻印のみの金型作成費用は、おおよその目安として「15万円~20万円」程度かかります。

石鹸の包装形態にはどのようなものがありますか?

下記の3種類をご用意いたしております。これら以外の包装をご希望の場合はご相談下さい。
・ストレッチ包装
・ピロ包装
・シュリンク包装

ストレッチ包装とはどのようなものですか?

透明石鹸でよく用いられる包装形態です。透明のラップフィルムで石鹸を絞ったように包装し、絞り目をラベルで止めたタイプを指します。ラベルは弊社所有の無地汎用ラベルをお使いいただくことが可能ですが、お客様独自のラベルも使用可能です。版下をご支給いただければ、ラベルは弊社にてご用意させて頂きます。
シュリンク包装見本

ピロ包装とはどのようなものですか?

製品を袋状に包装する形態で、包材が製品に密着しないタイプです。最も安価な包装形態で、汎用無地フィルム(マット半透明、和紙)のご用意もございます。もちろん専用の印刷フィルムの手配も可能です。
ピロ包装見本

シュリンク包装とはどのようなものですか?

袋状の透明フィルムに製品を入れて口の部分を閉じ、熱をかけてフィルム収縮させ、製品に密着させたタイプを指します。

石鹸の製品サンプルはありますか?

ございます。お気軽にお申し付けください。
>> お問い合わせフォーム

このページのトップへ戻る