化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 肌状態評価試験 肌理(きめ)測定評価試験

肌理(きめ)測定評価試験

肌理(きめ)とは

肌理(キメ)の画像肌の美しさを示す指標の1つとして、肌理(きめ)の美しさがあります。肌を見てみると、細かい線(皮溝)が無数に走り、その溝に囲まれた平らな部分(皮丘)があり、溝と溝の交わる部分には毛穴が存在しています。この皮溝や皮丘、毛穴の状態をまとめて「肌理」とよんでいます。

肌理の整った肌では、皮溝や皮丘がきれいに並び、毛穴の目立ちが少ない状態となっています。一方、肌理が悪い肌では、毛穴が開き、乾燥による肌のめくれや皮溝が引っ張られたような状態となっています。また、肌理には「細かい」や「粗い」といった表現も使われていますが、肌理の細かい肌とは、皮溝が浅く、皮丘が小さな状態を示しますが、これは生まれつきの肌質であり、変えることはできません。一方、肌理の粗い肌とは、皮溝が深く、皮丘が大きな状態で、これも生まれつきの肌質となります。

肌理の粗い肌を肌理の細かい肌に変えることは難しいですが、肌理の乱れた肌を整った肌にすることは、日々のケアで可能となります。その効果を測定するためには、画像による評価が最もわかりやすいものとなります。

試験概要

肌状態をマイクロスコープで観察する評価試験となります。試験試料を一定期間塗布し、使用前との変化を比較します。用いるマイクロスコープには、カラー撮影によるものとモノクロ撮影によるものがあります。カラー撮影では、実際の肌色状態での肌理を観察することができますが、より明確に肌理を観察するためには、モノクロ撮影によるものが用いられます。モノクロ撮影では、肌の乾燥状態やシワの深さなどを数値化することも可能となります。

得られる画像例

キメ改善促進効果の画像経時的に画像を取得し、化粧品等が及ぼすキメ改善促進効果などを観察することができます。

注意点

人の肌に刺激やアレルギー等を引き起こす可能性のある物質については、試験をお断りしております。 結果には個人差がありますので、複数の被験者を用いて試験を行う必要があります。 費用については、被験者数や試験期間、試験試料数などによって変動いたします。

このページのトップへ戻る