化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 肌状態評価試験 肌pH測定評価試験

肌pH測定評価試験

肌pHとは

肌pHとは、正確には皮膚表面の皮脂膜のpHを指し、健康な肌のpHは4.5~6.0の弱酸性です。健康な肌を基準として、オイリー肌なほどpHは酸性(4.5)に傾き、ドライ肌なほどpHはアルカリ性(6.0)に傾いています。健康な肌には、石鹸などの使用により肌pHがアルカリ性に傾いても、短時間で弱酸性に戻す働きがあります。しかし、この働きが弱くなりアルカリ性に傾いた状態が続くと、皮膚の抵抗力が弱まり、細菌が繁殖しやすく敏感な状態の肌となります。

健康な肌、室温20℃、湿度40~60%でのpH測定結果

酸性普通アルカリゾーンの画像

試験概要

肌pH測定は、酸性かアルカリ性かという皮膚の重要な特性を評価する試験です。この試験を利用することにより、化粧品や化粧品原料、化粧品原料となりうる素材(植物、酵母などの微生物、海産物など)の塗布による肌のpH改善効果を測定することができます。 また、こちらの測定装置は他の既知のpH値測定方法(指示薬を用いる方法など)と比べ、電気化学的測定のため、ヒトの皮膚に対する侵襲性がありません。評価試験概要の画像

測定例

測定例の画像

  • サンプル:洗顔フォーム
  • 測定部位:頬
  • 計測時間:
    1. 洗顔前
    2. 洗顔直後
    3. 洗顔20分後
  • 測定結果:
    1. pH5.23
    2. pH5.46
    3. pH5.29
  • 結果の解釈:
    洗顔するとpHはアルカリ側に少し傾きますが、少し時間が経つと元の肌のpH値に戻ろうとすることがわかります。

注意点

人の肌に刺激やアレルギー等を引き起こす可能性のある物質については、試験をお断りしております。 結果には個人差がありますので、複数の被験者を用いて試験を行う必要があります。 費用については、被験者数や試験期間、試験試料数などによって変動いたします。

このページのトップへ戻る