化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 肌状態評価試験

肌状態評価試験

肌理(きめ)測定評価試験

肌状態をマイクロスコープで観察する評価試験となります。試験試料を一定期間塗布し、使用前との変化を比較します。

シワ測定評価試験

試験前の肌状態をマイクロスコープで観察し、一定期間試験試料を塗布し続けます。比較として、試験試料を塗布しない部分(コントロール)も用意します。塗布機関終了後の肌を再度マイクロスコープで観察し、試験前との肌状態およびコントロールとの比較を行います。

肌pH測定評価試験

肌pH測定は、酸性かアルカリ性かという皮膚の重要な特性を評価する試験です。

皮膚粘弾性測定評価試験

化粧品や化粧品原料、化粧品原料となりうる素材(植物、酵母などの微生物、海産物など)の塗布による肌の弾力性改善効果を測定することができます。

肌表面温度測定評価試験

温感または冷感効果の知られている物質等と比較または塗布前後における皮膚温度を比較する事でその効果を評価することができます。

テープストリッピングによる角層診断(皮膚測定)評価試験

測定部位に試料を1日2回、28日間洗顔後に塗布します。試料塗布前および塗布28日後に角質を粘着テープで剥離し、染色を行います。染色した角質細胞を画像解析により面積、剥離状態及び有核細胞率を求め、ターンオーバー状態の評価を行います。

顔画像解析装置VISIAによる評価試験

実際にヒトの顔を用いて化粧品や化粧品素材の有用性を評価する試験です。

このページのトップへ戻る