化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 抗酸化作用評価試験 過酸化水素消去能評価試験

過酸化水素消去能評価試験

過酸化水素とは

活性酸素の一種で、体内で発生したスーパーオキサイドアニオン(O2-)がスーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)によって分解されることによって生じます。O2- → H2O2+O2非常に殺菌作用の強い物質で、3%水溶液は消毒薬でして利用されており、オキシドールとしてよく知られています。過酸化水素自体は不安定な物質で、より強力な活性酸素であるヒドロキシラジカル(・OH)へと変化していきます。そのため、生体内で発生した過酸化水素は、カタラーゼという酵素によって、酸素と水に分解され無毒化される仕組みが備わっています。

特徴過酸化水素を消去する意義

生体内で発生した過酸化水素は、通常カタラーゼによって分解されますが、過剰に産生された場合、さらに強力な活性酸素へと変化し、組織に障害を与えてしまいます。過剰に産生された過酸化水素を消去することができれば、組織の障害が抑えられるため、活性酸素による老化などを抑制することが可能となります。また、SOD用作用評価試験と組み合わせることにより、よりメカニズム的な抗酸化素材の開発が可能となります。

測定例

サンプル:当社製造エキス
測定結果:EC50 = 1.4 mg/mLエキスの濃度の画像

注意点

試験試料に強い着色がある場合やpHによって色調に変化が生じる場合には、試験ができないこともあります。 試薬と反応して成分の析出や沈澱が生じた場合、正しい結果が得られないことがあります。 本評価試験は水系ですので、疎水性成分は試験することができません。

このページのトップへ戻る