化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 保湿作用評価試験 油分量測定評価試験

油分量測定評価試験

油分量測定

皮脂とは、毛穴の奥の方にある皮脂腺から分泌される油のことで、肌や頭皮、髪などを保護する重要な働きを担っています。しかし、皮脂は過剰になるとテカリやベタツキが見られ、ニキビが発生することもあります。この原因は一般的に、「男性ホルモンの影響」と「強い洗浄剤の使用」と言われています。「男性ホルモンの影響」に関しては、皮脂の分泌を多くする作用があります。「強い洗浄剤の使用」に関しては、必要な皮脂までも取り除いてしまい、皮脂腺は皮脂が足りないと感知して余計に分泌してしまいます。また、皮脂が不足すると皮膚のバリア機能が低下します。これは一般的に、「男性ホルモンの減少」や「加齢」が原因と言われています。

試験概要

肌の油分量に与える化粧品や洗浄剤の効果を、化粧品の塗布や洗浄などにより評価します。この試験を利用することにより、化粧品や化粧品原料、化粧品原料となりうる素材(植物、酵母などの微生物、海産物など)の塗布による肌の油分量改善効果を測定することができます。油分量測定評価試験概要の画像

測定例

油分量測定例の画像

  • サンプル:洗顔フォーム
  • 測定部位:頬
  • 計測時間:
    1. 洗顔前
    2. 洗顔直後
    3. 洗顔20分後
  • 測定結果:
    1. 42.0
    2. 2.0
    3. 5.0
  • 結果の解釈:
    洗顔すると油分量はとても少なくなります。このことから、洗顔フォームによって皮脂汚れが落とされていくことがわかります。時間の経過とともに油分量は増加し、次第に元の油分量に戻ろうとすることもわかります。
  • 活用例:
    洗顔などの洗浄剤の皮脂洗浄効果や、洗浄後に塗布する油脂ケア化粧品の効果測定、長期間の油脂ケア化粧品の効果測定など。

注意点

人の肌に刺激やアレルギー等を引き起こす可能性のある物質については、試験をお断りしております。結果には個人差がありますので、複数の被験者を用いて試験を行う必要があります。 費用については、被験者数や試験期間、試験試料数などによって変動いたします。

このページのトップへ戻る