化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 その他評価試験 摩擦力測定試験

摩擦力測定試験

摩擦力とは

摩擦力とは、物体の滑りやなめらかさを表す指標となるものです。滑りの良さやなめらかさは、化粧品の使用する上で重要な要素の1つでもあります。

試験概要

化粧品を一定量塗布した人工皮革や、シャンプーやトリートメントで処理した毛髪のMIU(平均摩擦係数)とMMD(摩擦係数の変動)を測定することができます。MIUは滑りの良し悪し、MMDはなめらかさやざらつきを評価することができます。右図のように摩擦力を比較すると、当社製造シャンプーとリンスを使用した場合、シャンプーのみ使用したものよりも毛髪の滑りやなめらかさが上がることがわかります。この試験を利用することにより、各種化粧品の機能性の一端を明らかにすることが可能となります。

活用例

・シャンプーやリンス、もしくはその組合せによる洗髪前後の毛髪改善の確認
・販促資料に利用する画像の取得
・毛髪の断面画像
・痛んだ毛先とそうでない毛先の比較
髪の毛以外にも、観察することが可能な素材であれば対応可能です。

測定例

サンプル:当社製造シャンプーおよびリンス測定例の画像

化粧品を一定量塗布した人工皮革や、シャンプーやトリートメントで処理した毛髪のMIU(平均摩擦係数)とMMD(摩擦係数の変動)を測定することができます。MIUは滑りの良し悪し、MMDはなめらかさやざらつきを評価することができます。右図のように摩擦力を比較すると、当社製造シャンプーとリンスを使用した場合、シャンプーのみ使用したものよりも毛髪の滑りやなめらかさが上がることがわかります。

この試験を利用することにより、各種化粧品の機能性の一端を明らかにすることが可能となります。評価試験の表

このページのトップへ戻る