化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 成分分析

成分分析

カテキン定量

素材中のカテキン量を高速液体クロマトグラフィーにより定量します。
この試験を利用し、カテキンが含有されていると知られている素材(茶など)と比較することで、化粧品や食品の原料となりうる素材(植物、海産物など)の優位性を示すことができます。
また、含有量を測定することで、化粧品原料や食品原料が示す機能が、カテキンによるものであるかどうかを予測することができます。

このページのトップへ戻る