化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 抗老化作用評価試験 エラスターゼ阻害活性評価試験

エラスターゼ阻害活性評価試験

エラスターゼとは

エラスチンは、網目状に構成されるコラーゲンを結びつけ、コラーゲンとともに肌のハリを維持しています。別名、「弾力繊維」と呼ばれ、ゴムのように伸縮します。そのため、加齢や紫外線、活性酸素、ストレス、エラスチン分解酵素(エラスターゼ)などによってエラスチンが減少すると、シワやたるみなど老化の原因となります。このことから、エラスターゼを阻害する成分には、お肌のハリを回復または維持させ、その結果お肌を若々しく保たせる効果が期待できます。

試験概要

エラスターゼと試験試料、エラスチンを反応させ、エラスターゼによるエラスチンの分解がどの程度発生するかを測定します。この試験を利用することにより、化粧品原料や化粧品原料となりうる素材(植物、酵母などの微生物、海産物など)のエラスターゼ阻害による抗老化作用について予測することや、既存のエラスターゼ阻害物質と比較することによって試験試料の優位性を示すことなどが可能となります。エラスターゼ阻害活性評価試験の画像

測定例

サンプル:当社製造エキスA 、当社製造エキスB
測定結果:当社製造エキスAは、当社製造エキスBと比較すると、エラスターゼ阻害率が高いことがわかります。測定例の画像

このように、オリジナル素材がどの程度のコラゲナーゼ阻害作用を有しているかを明らかにすることができます。評価試験の表

このページのトップへ戻る