化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 抗老化作用評価試験 線維芽細胞賦活作用評価試験

コラゲナーゼ阻害活性評価試験

コラゲナーゼとは

コラゲナーゼとは、タンパク質の一種であるコラーゲンを分解する酵素のことです。コラーゲンは体内総タンパク質の約1/3を占めており、皮膚や骨などに含まれ、その構造維持に大きく関与しています。そのため、コラゲナーゼが加齢や紫外線などによって活性化されると、コラーゲンは分解され、皮膚の構造維持が困難となり、シワやたるみの発生など、可視的な老化現象に繋がります。
このようなことから、コラゲナーゼを阻害する成分を化粧品に添加することにより、シワやたるみなどに対する抗老化作用が期待できます。

試験概要

コラゲナーゼ阻害活性評価試験の画像コラゲナーゼと試験試料、コラーゲンを反応させ、コラゲナーゼによるコラーゲンの分解がどの程度発生するかを測定します。
この試験を利用することにより、化粧品原料や化粧品原料となりうる素材(植物、酵母などの微生物、海産物など)のコラゲナーゼ阻害による抗老化作用について予測することや、既存のコラゲナーゼ阻害物質と比較することによって試験試料の優位性を示すことなどが可能となります。

測定例

サンプル:当社製造植物エキスA、緑茶エキス
測定結果:当社製造植物エキスAは、緑茶エキスとほぼ同等のコラゲナーゼ阻害率を有していることがわかります。(緑茶エキスは、コラゲナーゼ阻害率が高いエキスとして比較しています。)評価試験の表

このように、オリジナル素材がどの程度のコラゲナーゼ阻害作用を有しているかを明らかにすることができます。

このページのトップへ戻る