化粧品OEM サティス製薬ホーム 評価試験 抗老化作用評価試験

抗老化作用評価試験

コラゲナーゼ阻害活性評価試験

コラゲナーゼと試験試料、コラーゲンを反応させ、コラゲナーゼによるコラーゲンの分解がどの程度発生するかを測定します。

エラスターゼ阻害活性評価試験

エラスターゼと試験試料、エラスチンを反応させ、エラスターゼによるエラスチンの分解がどの程度発生するかを測定します。

グリケーション阻害活性評価試験

試験試料を皮膚に塗布し、その後表皮にグリケーションを引き起こさせる物質を塗布します。グリケーションが進むと、肌は褐色に変化しますが、試験試料にグリケーション阻害作用があれば、褐色の程度は弱くなります。

線維芽細胞賦活作用評価試験

細胞が活発に増殖することにより、細胞から作られる物質の産生も活発となり、老化防止効果を期待することができます。

ヒアルロン酸断片化抑制作用評価試験

活性酸素を人工的に発生させ、ここにヒアルロン酸を反応させた際に生じるヒアルロン酸の断片化を測定するものです。

コラーゲン産生促進作用評価試験

線維芽細胞が作り出すコラーゲン量を測定する試験です。被験物質を加えることで、コラーゲン量が増大するかどうかを調べることができます。

このページのトップへ戻る