• 本社・工場
    〒342-0015 埼玉県吉川市中井57-1
    TEL 048-984-6433 / FAX 048-984-6430
  • 研究所
    〒135-0047 東京都江東区富岡2-11-6
    長谷萬ビル3階
    TEL 03-5646-2434 / FAX 03-5646-2435
お問い合わせ

企業情報

化粧品OEM サティス製薬ホーム > 企業情報 > メディア掲載(2010年)

メディア掲載

当社の取り組みや成果を、各種媒体で取り上げていただいてます。

  • 2010年12月22日 - 健康産業新聞(17面)緑茶由来の(食品・化粧品)原料開発
    高い抗酸化に各分野から注目
    静岡県産の一本仕立て緑茶から開発した「一本仕立て緑茶エキス」が、一般市場に流通する緑茶エキスと比べ、極めて高い抗酸化を持ち、安全性にも優れている事が、記事で紹介されました。

    緑茶由来の(食品・化粧品)原料開発 高い抗酸化に各分野から注目

  • 2010年12月17日 - 化学工業日報(17面)一本仕立て緑茶の石鹸 OEM供給開始静岡県産の一本仕立て緑茶から開発した化粧品原料を配合する化粧石鹸「一本仕立て お茶石鹸」のOEM供給を開始した事が、記事で紹介されました。

    一本仕立て緑茶の石鹸 OEM供給開始

  • 2010年12月15日 - 健康産業新聞(12~13面)強固な組織で、「ふるさと元気プロジェクト」を推進社内へのサティスイズムの浸透、リーダー育成、効率的な営業体制の確立など、強固な組織作りの推進と共に、地域特産品を化粧品原料として活用する「ふるさと元気プロジェクト」の取り組みが、記事で紹介されました。

    強固な組織で、「ふるさと元気プロジェクト」を推進

  • 2010年12月15日 - 石鹸日用品新報(15面)関根桐材店とコラボ 桐炭の化粧石鹸を新発関根桐材店で作られる桐タンスの廃材を、化粧品原料の「桐炭」として開発し、その原料を配合した「ナチュラルソープPCS」を発売した事が、記事で紹介されました。販売は関根桐材店店頭または、関根桐材店ホームページからの通信販売など。

    関根桐材店とコラボ 桐炭の化粧石鹸を新発

  • 2010年12月14日 - 経営戦略レポート(5ページ)ハーブウォーターの化粧品原料化に成功ふるさと元気プロジェクトの天然素材として、長野県駒ヶ根の無農薬ハーブから蒸留したハーブウォーターを化粧品の原料化に成功した事が、記事で紹介されました。

    ハーブウォーターの化粧品原料化に成功

  • 2010年12月11日 - 日刊工業新聞(16面)国産桐で炭石けん たんす廃材を活用関根桐材店で作られる桐タンスの廃材を、化粧品原料の「桐炭」として開発し、その原料を配合した「ナチュラルソープPCS」を発売した事が、記事で紹介されました。

    国産桐で炭石けん たんす廃材を活用

  • 2010年12月10日 - 化学工業日報(8面)「桐炭」活用した石けん OEM供給を開始ふるさと元気プロジェクトの天然素材として、桐たんすの端材から開発した、化粧品原料「桐炭」を活用した肌にやさしい石けん「ナチュラルソープPOS」のOEM供給を開始した事が、記事で紹介されました。

    「桐炭」活用した石けん OEM供給を開始

  • 2010年11月25日 - 日刊工業新聞(22面)フレッシャーズ産業論文コンクール 2部・入賞論文日刊工業新聞主催の「2010年フレッシャーズ産業論文コンクール2部」にて、当社研究スタッフ仲友紀恵氏が第1席に選ばれました。

    フレッシャーズ産業論文コンクール 2部・入賞論文

  • 2010年11月18日 - 通販新聞(6面)通販が町おこしに一役 温泉PRかねた化粧品が好調ふるさと元気プロジェクトの一環として、玉造温泉水を化粧品素材として開発配合した化粧品「姫ラボ」が、温泉PRをかねた通販で町おこしに一役買っているという事が、記事に掲載されました。

    通販が町おこしに一役 温泉PRかねた化粧品が好調

  • 2010年11月17日 - 石鹸日用品新報(10面)長野県駒ケ根のハーブウォーターを化粧品原料に採用ふるさと元気プロジェクトの一環として、長野県駒ヶ根で無農薬ハーブから蒸留した、ハーブウォーターを化粧品原料として当社素材カタログ「フィトログ」に新たに追加した事が、記事に掲載されました。

    長野県駒ケ根のハーブウォーターを化粧品原料に採用

  • 2010年11月15日 - FRAGRANCE JOURNAL(21ページ)通販コスメユーザーの意識調査インターネットで20代~60代の女性500人を対象に行った、通信販売で化粧品を購入する人の意識調査の結果が、記事に掲載されました。

    通販コスメユーザーの意識調査

  • 2010年11月15日 - 週刊粧業(16面)素材の生い立ちわかる化粧品づくり 「ふるさと元気プロジェクト」「素材の生い立ちのわかる化粧品」の製造に取り組み、日本全国のこだわりの農作物を化粧品素材として発掘・開発する「ふるさと元気プロジェクト」が紹介され、記事に掲載されました。

    素材の生い立ちわかる化粧品づくり 「ふるさと元気プロジェクト」

  • 2010年11月15日 - Diet & Beauty(3ページ)長野の無農薬ハーブを化粧品原料に地域活性化「ふるさと元気プロジェクト」の一環として、長野県駒ヶ根で生産されている無農薬ハーブから蒸留したハーブウォーターを、化粧品原料として開発した事が、記事に掲載されました。

    長野の無農薬ハーブを化粧品原料に

  • 2010年11月12日 - 埼玉新聞温泉水から化粧品 サティス製薬が製造地域活性化「ふるさと元気プロジェクト」の一環として、島根県松江市と提携し、日本最古の美肌温泉とされる「玉造温泉」の温泉水を配合した商品が、販売され地域に貢献しているという事が、記事に掲載されました。

    温泉水から化粧品 サティス製薬が製造

  • 2010年11月9日 - 化学工業日報(10面)無農薬ハーブから開発 スキンケアなどにふるさと元気プロジェクトの一環として、長野県駒ヶ根で無農薬栽培されたハーブから、低刺激で精製水としても安心して使用できる、「ハーブウォーター」を化粧品原料として開発した事が、記事に掲載されました。

    無農薬ハーブから開発 スキンケアなどに

  • 2010年11月4日 - 日流eコマース(4面)通販コスメに関する意識調査を発表 最初に買うのは「化粧水」当社が独自で行った、通販で化粧品を購入する女性の意識調査の発表が、記事に掲載されました。調査によると、どの年代においても「新しいブランドを見つけた時にまず購入する」アイテムは、「化粧水」という事がわかった。

    通販コスメに関する意識調査を発表 最初に買うのは「化粧水」

  • 2010年11月4日 - 化学工業日報(9面)玉造温泉水を利用 応用製品2種を発売ふるさと元気プロジェクトの一環として、パワースポットとして知られる、松江市にある玉造温泉の温泉水を、化粧品原料として開発、利用し2種類の製品を発売した事が、記事に掲載されました。

    玉造温泉水を利用 応用製品2種を発売

  • 2010年11月3日 - 石鹸日用品新報(6面)パワースポット 玉造温泉の松江市をコラボ
    美肌温泉コスメを発売
    ふるさと元気プロジェクトの一環として、パワースポットとして知られる、松江市の玉造温泉の温泉水を配合した、美肌温泉コスメが発売された事が、記事に掲載されました。

    パワースポット 玉造温泉の松江市をコラボ

  • 2010年11月1日 - ヘルスライフビジネス(4面)ふるさと原料の開発が地域復興に地域の特産物から機能性を見出し原料開発を行う、「ふるさと元気プロジェクト」の取り組みにより、地域復興に関与する動きが始まっている事が、記事に掲載されました。

    ふるさと原料の開発が地域復興に

  • 2010年10月25日 - 週刊粧業(6面)一本仕立て緑茶から1.5倍の抗酸化作用を発見ふるさと元気プロジェクトの一環として、静岡で完全無農薬栽培された「一本仕立て緑茶」に、市販されている一般的な緑茶と比べ、1.5倍の抗酸化作用を発見した事が、記事に掲載されました。

    化粧品の産地重視 日本各地の素材開拓

  • 2010年10月15日 - FRAGRANCE JOURNAL(10ページ)サティス製薬 無農薬グリーンレモン栽培から化粧品原料開発ふるさと元気プロジェクトの一環として、愛媛県大三島で完全無農薬栽培された「グリーンレモン」から、美白効果・抗菌・殺菌効果が期待される化粧品原料を開発した事が、記事に掲載されました。

    化粧品の産地重視 日本各地の素材開拓

  • 2010年10月14日 - フジサンケイビジネスアイ(11面)化粧品の産地重視 日本各地の素材開拓日本全国の天然素材を開拓し、化粧品原料としての開発、地域おこしへの協力を目的とした「ふるさと元気プロジェクト」などに取り組む、埼玉発の成長企業として紹介されました。

    化粧品の産地重視 日本各地の素材開拓

  • 2010年10月13日 - 石鹸日用品新報(9面)完全無農薬の一本仕立て 緑茶から化粧品原料開発ふるさと元気プロジェクトの一環として、静岡で完全無農薬栽培された「一本仕立て緑茶」から、極めて抗酸化作用の高い化粧品原料を開発した事が、記事に掲載されました。

    完全無農薬の一本仕立て 緑茶から化粧品原料開発

  • 2010年10月7日 - 化学工業日報(9面)高い抗酸化力を発揮「一本仕立て緑茶」から開発ふるさと元気プロジェクトの一環として、静岡の「一本仕立て緑茶」から、抗酸化やコラーゲン保護作用など、高い機能が見込める天然成分となる化粧品原料を開発した事が、記事に掲載されました。

    高い抗酸化力を発揮「一本仕立て緑茶」から開発

  • 2010年10月6日 - 石鹸日用品新報(12面)みかんエキス配合 化粧品でふるさとに貢献ふるさと元気プロジェクトの一環として、愛媛県大三島産のミカンから抽出したエキスを配合し、化粧品として高齢化が進む大三島に貢献する取組みを開始したことが、記事に掲載されました。

    みかんエキス配合 化粧品でふるさとに貢献

  • 2010年10月6日 - 石鹸日用品新報(22面)高価格帯石鹸のOEMを展開 独創的な発想で研究開発に注力石鹸日用品新報の特集コーナー「化粧石鹸特集」にて、当社代表取締役社長 山崎智士のインタビューが、掲載されました。

    高価格帯石鹸のOEMを展開 独創的な発想で研究開発に注力

  • 2010年10月5日 - Cosmetic Design(2面)みかんエキスを化粧品原料にふるさと元気プロジェクトの一環として、愛媛県大三島産の温州ミカンから抽出したエキスを配合し、化粧品として高齢化が進む大三島に貢献する取組みを開始したことが、記事に掲載されました。

    みかんエキスを化粧品原料に

  • 2010年10月4日 - 日本農業新聞(11面)国産農産物から化粧品作り 高品質ひたすら日本農業新聞内の特集コーナー「フロンティアな人びと」にて、当社代表取締役社長 山崎智士のインタビューが、掲載されました。

    国産農産物から化粧品作り 高品質ひたすら

  • 2010年9月21日 - 健康ジャーナル(5面)起業列伝 抽象的ではない明確なビジョンを示すのが経営者の役割健康ジャーナル内の特集コーナー「起業列伝」にて、当社代表取締役社長 山崎智士のインタビューが、掲載されました。

    起業列伝 抽象的ではない明確なビジョンを示すのが経営者の役割

  • 2010年9月20日 - 週刊粧業(6面)「ふるさと元気プロジェクト」で新原料の開発が加速全国各地の天然素材を化粧品原料として有効活用する「ふるさと元気プロジェクト」で新原料の開発が加速している事が、記事に掲載されました。

    「ふるさと元気プロジェクト」で新原料の開発が加速

  • 2010年9月20日 - 週刊粧業(6面)来秋に新工場設立で生産能力4倍へ毎年増え続ける新規取引先と生産量に対し、生産能力を4倍に増やすため、来秋10月に新工場を設立する事が、記事に掲載されました。

    来秋に新工場設立で生産能力4倍へ

  • 2010年9月16日 - 日本流通産業新聞(6面)愛媛みかんから化粧品素材開発 ヘアケア製品などに利用生産者や産地のわかる、安心・安全な国産化粧品原料の発掘を目的とした、「ふるさと元気プロジェクト」の取り組みが、記事に掲載されました。

    地域資源を化粧品原料に

  • 2010年9月15日 - Cosmetic Design(2ページ)サティス製薬 無農薬グリーンレモンを化粧品原料にふるさと元気プロジェクトの一環として、愛媛県大三島で完全無農薬栽培された「グリーンレモン」から、美白効果・抗菌・殺菌効果が期待される化粧品原料を開発した事が、記事に掲載されました。

    地域資源を化粧品原料に

  • 2010年9月15日 - FRAGRANCE JOURNAL(8ページ)来秋新工場設立2011年10年竣工を目指し、現在の4倍の生産力を見込んだ新本社工場を建設する事が、記事に掲載されました。

    地域資源を化粧品原料に

  • 2010年9月15日 - FRAGRANCE JOURNAL(8ページ)桐たんす廃材を化粧品原料にリサイクル活用ふるさと元気プロジェクトの一環で、埼玉県本庄市の桐たんす制作工程で出る廃材を利用した桐炭を、化粧品原料として開発したことが、記事に掲載されました。

    地域資源を化粧品原料に

  • 2010年9月15日 - ヘルスライフビジネス(6面)来秋に新工場 生産力4倍に来秋に化粧品GMP規格に対応し、生産力を現在の4倍に伸ばす新工場を建設する事が、記事に掲載されました。

    地域資源を化粧品原料に

  • 2010年9月15日 - 石鹸日用品新報(28面)桐炭、無農薬グリーンレモンから化粧品原料を開発ふるさと元気プロジェクトの一環で、埼玉県本庄市の桐たんす製作過程で出る廃材を利用した「桐炭」と、愛媛県大三島産の無農薬グリーンレモンを化粧品原料として開発した事が、記事に掲載されました。

    桐炭、無農薬グリーンレモンから化粧品原料を開発

  • 2010年9月15日 - Diet & Beauty(6面)地域資源を化粧品原料に生産者や産地のわかる、安心・安全な国産化粧品原料の発掘を目的とした、「ふるさと元気プロジェクト」の取り組みが、記事に掲載されました。

    地域資源を化粧品原料に

  • 2010年9月10日 - 化学工業日報(11面)国産無農薬レモンで化粧品原料開発ふるさと元気プロジェクトの一環で、愛媛県大三島産の無農薬レモンを、化粧品原料を開発したことが、記事に掲載されました。

    国産無農薬レモンで化粧品原料開発

  • 2010年9月9日 - 健康産業流通新聞(16面)地域振興の一助に大島ミカンで化粧品素材料開発ふるさと元気プロジェクトの一環で、愛媛県大三島産の温州ミカンを、化粧品原料を開発したことが、記事に掲載されました。

    国産無農薬レモンで化粧品原料開発

  • 2010年9月8日 - 石鹸日用品新報(21面)桂木のユズから化粧品原料を開発ふるさと元気プロジェクトの一環で、埼玉県の毛呂山で無農薬栽培されている桂木ユズを、化粧品原料を開発したことが、記事に掲載されました。

    石鹸日用品新報

  • 2010年9月7日 - 日本経済新聞(7面)キリの炭使う化粧品素材 タンス製作時の廃材活用ふるさと元気プロジェクトの一環で、桐タンスを作る際に出る廃材を焼いた炭から、化粧品原料を開発したことが、記事に掲載されました。

  • 2010年9月5日 - COSMETIC DESIGN(2ページ)桐炭消臭パワーでリサイクル活用ふるさと元気プロジェクトの一環で、埼玉県で制作されている、桐タンスを作る際に出る廃材を利用した「桐炭」を、化粧品原料として開発したことが、記事に掲載されました。

  • 2010年9月2日 - 石鹸日用品新報(7面)新本社工場を建設 生産量は現工場の4倍に現工場の4倍の生産量を見据えた、新本社工場の建設について、記事が掲載されました。

  • 2010年9月1日 - ヘルスライフビジネス(17面)有機グリーンレモンなどふるさと元気プロジェクトの一環として、愛媛県の大三島で無農薬・有機栽培されたグリーンレモンや、埼玉県に流れる日本水(やまとみず)から発見された日本酵母エキスを、化粧品原料として開発したことが、記事に掲載されました。

  • 2010年9月1日 - 健康食品新聞(4面)伊豆大島のヤブツバキ使用 ヘアケア向け化粧品原料を開発ふるさと元気プロジェクトの一環として、伊豆大島で育てたのヤブツバキ由来の椿油を、化粧品原料として開発したことが、記事に掲載されました。

  • 2010年8月30日 - 週刊粧業(10面)人材育成通じた「サティスイズム」の浸透で、来期は組織的な動きの中で増収増益へOEM企業特集にて、人事育成を通じたサティスイズムの浸透により増収増益を目指企業として、当社が記事に紹介されました。

  • 2010年8月24日 - 工業設備新報(7~8面)化粧品原料 桐たんす廃材で開発 石鹸などOEM供給に活用5.8億円を投じ、埼玉県吉川市に建設予定の新工場に本社・工場を移転することが、記事に掲載されました。

  • 2010年8月20日 - 化学工業日報(9面)化粧品原料 桐たんす廃材で開発 石鹸などOEM供給に活用ふるさと元気プロジェクトの一環として、桐たんすの廃材から化粧品原料を開発した事が、記事に掲載されました。

  • 2010年8月18日 - 石鹸日用品新報(9面)ふるさと元気プロジェクト展開中 
    3年間で100種類の国産化粧品素材を開発
    3年間で100種類の国産化粧品素材を開発する、ふるさと元気プロジェクトについて、記事に掲載されました。

  • 2010年8月18日 - 埼玉建設新聞(2面)大気社で12月着工 5.8億円投じ新工場大気社により12月に着工される新工場について、記事に掲載されました。

  • 2010年8月16日 - 化学工業日報(5面)化粧品新工場 来冬稼働 生産能力4倍に拡大生産能力を4倍拡大を視野に入れた、来冬稼働予定の新工場について、記事が掲載されました。

  • 2010年8月15日 - FRAGRANCE JOURNAL(13ページ)桂木のユズで血行促進・角質化防止ふるさと元気プロジェクトの一環として開発した、埼玉県の桂木ユズを用いた化粧品原料について、記事が掲載されました。

  • 2010年8月11日 - 健康産業新聞(11面)枠練り石鹸OEM様々な処方を用意し、他社との差別化を図る石鹸製造が可能な会社として、記事に掲載されました。

  • 2010年8月10日 - 日本経済新聞(35面)吉川に化粧品新工場高価格帯化粧品製造の拠点として、吉川市に新工場を建設する事が、記事に掲載されました。

  • 2010年8月9日 - 週刊粧業(16面)国産素材100種類開発へ 新プロジェクト始動国産の素材を100素材、化粧品原料として開発する「ふるさと元気プロジェクト」を開始した事が、記事に掲載 されました。

  • 2010年8月6日 - 日刊工業新聞(27面)高級化粧品で進行上
    生産能力4倍 海外・大手の受託拡大
    高価格帯の化粧品を製造する新工場を建設する事が、記事に掲載されました。

  • 2010年8月4日 - 健康産業新聞(30面)ふるさと元気プロジェクト推進
    埼玉県のユズから化粧品原料を開発
    推進中の「ふるさと元気プロジェクト」にて、埼玉県のユズを化粧品原料として開発した事が、記事に掲載されました。

  • 2010年7月22日 - 日刊工業新聞(38面)ふるさと素材から化粧品 地域活性化プロ始動全国各地で発掘した、国産の素材を使って化粧品原料を開発する「ふるさと元気プロジェクト」を開始した事が、記事に掲載されました。

  • 2010年7月15日 - ヘルスライフビジネス3年間で100種の国産化粧品素材を開発
    ふるさと元気プロジェクト
    全国の農業や漁業を営む生産者をめぐり、こだわりの天然素材を発掘、化粧品素材として開発する「ふるさと元気プロジェクト」が、記事に掲載されました。

  • 2010年7月13日 - 化学工業日報(9面)全国の自然素材発掘全国の自然素材を発掘し、化粧品素材として製品化するふるさと元気プロジェクトを開始した事が、記事に掲載されました。

  • 2010年7月12日 - 週刊粧業(26面)化粧品ビジネスセミナー「通販化粧品 成功の秘訣」
    マーケティングから素材提案まで商品開発を幅広くサポート
    素材開発からマーケティングサポートまで幅広くサポートした、通販事業者向けセミナーを開催したことが、記事に掲載されました。

  • 2010年7月8日 - 通販新聞(7面)3年間で100種の化粧品原料開発トトレーサビリティを重視し、消費者に「安心・安全」を訴求した化粧品原料の開発、ふるさと元気プロジェクトを開始した事が、記事に掲載されました。

  • 2010年7月8日 - 化学工業日報(9面)伊豆大島の椿油を活用
    オレインリッチ酸 頭皮・皮脂ケア向け
    伊豆大島で採取されるヤブツバキの種子から抽出した椿油を用いて、化粧品原料を開発した事が、記事に掲載されました。

  • 2010年7月7日 - 石鹸日用新報ふるさと元気プロジェクト推進 
    3年間で100種の国産化粧品素材の製品化
    3年間で100種類の国産化粧品素材を製品化を目指す、「ふるさと元気プロジェクト」を開始したことが、記事に掲載されました。

  • 2010年7月7日 - 健康食品新聞(4面)ふるさと元気プロジェクト発足
    3年間で100種類の化粧品素材開発目指す
    日本全国の生産物、天然素材を化粧品原料として開発・商品化する「ふるさと元気プロジェクト」を開始したことが、記事に掲載されました。

  • 2010年6月15日 - ヘルスライフビジネス(5面)通販化粧品に適した企画を紹介
    第3回化粧品ビジネスセミナー開催
    「素材まるごと」「100%天然」など
    通販用化粧品に適した企画を紹介するセミナーを開催した事が、記事で紹介されました。

  • 2010年5月24日 - 週刊粧業(12面)化粧品通販で成功する“秘訣”
    ビジネスセミナーを開催
    化粧品通販における成功の秘訣をテーマに、セミナーを開催する事が記事で紹介されました。

  • 2010年5月18日 - 健康ジャーナル(3面)固形石鹸専用の設備を完備し、小ロットから対応「注目の石鹸商品ライナップ」内にて、固形石鹸専用設備を完備し小ロットからの製造にも対応している企業として、当社が紹介されました。

  • 2010年5月13日 - 日本流通産業新聞(6面)社員には物心両面での豊かさを経営トップとしての「私の信条」コーナーに、当社代表取締役社長 山崎智士のインタビューが掲載されました。

  • 2010年5月3日 - 週刊粧業(4面)人工皮脂による化粧崩れ 評価試験の受託開始人工皮脂による化粧崩れを測定する、評価試験の受託を開始した事が、記事に掲載されました。

  • 2010年4月14日 - 健康産業新聞(5面)躍進する化粧品メーカー
    次なる成長へ、今期は社内投資に注力
    躍進する化粧品受託製造メーカーとして、今期の取り組みについて語る当社代表取締役山崎智士へのインタビューが、掲載されました。

  • 2010年4月7日 - 化学工業日報(9面)人工皮脂で化粧崩れ評価当社が新しく確立した試験法、人工皮脂による化粧崩れ評価の受託サービスを開始した事が、紹介されました。

  • 2010年4月1日 - ヘルスライフビジネス(18面)「ナマコ」エキスほか得意としている独自素材の研究開発についての記事が、掲載されました。

  • 2010年3月31日 - C&T Beauty Science(46~51ページ)「人材育成」に経営資源を徹底注入
    来季以降の成長スピードが加速へ
    当社の過去、現在、未来のビジョンなどを語った、代表取締役山崎智士のインタビューが、掲載されました。

  • 2010年2月22日 - 週刊粧業(13面)独特処方の石鹸には、現場こその苦労が
    3工場の統括役として奮闘
    3工場の統括役として奮闘する取締役製造部長のインタビューが、紹介されました。

  • 2010年2月15日 - Diet & Beauty(8面)工場買収で生産能力を2.5倍に増強同業者を買収し、生産能力を2.5倍に増強したことが、紹介されました。

  • 2010年2月3日 - 健康食品新聞(2面)中央流通研究所を買収
    化粧品生産能力を2.5倍に
    基礎化粧品生産能力向上のため、中央流通研究所を子会社化したことが、紹介されました。

  • 2010年2月1日 - ヘルスライフビジネス(10面)枠練りでも短納期、機械練りでも小ロットが可能枠練り石鹸の短納期製造、機械練り石鹸の小ロット製造が可能なOEM企業として、紹介されました。

  • 2010年1月26日 - 日本経済新聞(33面)洗顔せっけん生産3倍 同業を子会社化 通販重要に対応生産能力増加のため同業を子会社化し、通信販売事業者をはじめとする新規需要に応えていくことが、紹介されました。

  • 2010年1月25日 - 週刊粧業(6面)M&Aで化粧品生産能力を2.5倍に増強トレーサビリティを重視し、消費者に「安心・安全」を訴求した化粧品原料の開発、ふるさと元気プロジェクトを開始した事が、記事に掲載されました。

  • 2010年1月21日 - 日本流通産業新聞(6面)化粧品製造会社を買収 生産能力の拡大図る生産能力増加を図った化粧品製造会社の買収が、紹介されました。

  • 2010年1月20日 - 健康食品新聞(2面)4月に通販化粧品メーカー向け 商品企画セミナー開催4月に開催予定の、通販化粧品メーカー向けの商品企画セミナーが、紹介されました。

  • 2010年1月20日 - 健康食品新聞(2面)同業を買収、化粧品生産能力を大幅増強化粧品生産力増強を目的に、同業者を買収し連結子会社とした事が、紹介されました。

  • 2010年1月15日 - Cosmetic Design(1面)サティス製薬、中央流通研究所を買収化粧品OEM事業強化のため、同業である中央流通研究所を買収した事が、紹介されました。

  • 2010年1月15日 - FRAGRANCE JOURNAL(14面)化粧品生産力増強を目的に中央流通研究所を買収化粧品生産力増強を目的に、中央流通研究所を買収した事が、紹介されました。

  • 2010年1月6日 - 健康食品新聞(4面)国内植物の機能性探索 将来的には食品分野も視野へ当社代表取締役社長 山崎智士のインタビューが、掲載されました。

  • 2010年1月1日 - 週刊粧業(70面)化粧品販売メーカー向け”商品企画セミナー”
    新たな取り組みとして注目度が上昇
    化粧品販売メーカーに向け開催した「商品企画セミナー」が、新規・既存取引先との接点づくりの新たな取り組みとして役に立っている事が、紹介されました。

このページのトップへ戻る